トライアスロンさぎしま大会 2023年 写真と時系列

(スポンサーリンク)

(スポンサーリンク)

目次

早朝

朝4時半起床 自然と目が覚める 簡単に朝食を食べる

朝5時出発 廿日市 車内で何かしら飲食

朝6時半三原 三原港 到着 タッチの差で出向を逃す

朝7時 セブンイレブンでトイレ休憩 軽く朝ごはん

朝7時半 三原港⇒向田港 佐木島へ

三原港
フェリーには自転車が一杯

朝8時頃 向田港 到着 受付⇒トランジションに荷物を置く 着替える

朝9時 開会式

湯崎知事ご挨拶 バイク参加
岡田三原市長 ご挨拶 ラン参加
地元の太鼓団の方々 スイム中ずっと演奏ありがとうございました

スイム

朝10時 スイムスタート

東京の先生とお友達とスタート前に写真

10時10分 スイム 割りと順調にブイを折り返す これなら30分台でスイム終わるかもと内心考えた

10時36分 北側のブイに近づこうとするが、どうしてもブイの手前に流されてスイムが停滞

赤枠が本来のブイ位置

10時47分 結局ショートカットが適用されてブイは回らずにスイムゴールへ

バイク

11時頃 トランジション7分 バイクへ ゼッケンベルトを今日こそ忘れず時短(今回忘れていたら完走はなかった)

11時~12時 バイク1~2周目 沿道の声援に手をふる余裕がある

12時~12時30分 バイク3周目 沿道の声援に手をふる余裕がなくなる

この間 平地で抜いていく選手のケイデンスを除くと自分より概ね5km速い(自分28km 他選手33km)

13時手前 バイク4週目 明らかにバイクのスピードが落ちる(平均より3km)

ラン

13時手前 トランジション2分程度 75分以内に10km を走れば4時間以内ゴールと自覚

とにかく暑い エイドで必ず水をかぶる、飲むことを徹底

きつい、一度足を止めたらずっと止めていたくなると考えて、坂道も遅くても走ることにした

同業の先生が撮ってくれた写真

真っ直ぐ走っているつもりだが、つま先が外側向いている。反省。

やはりつま先は外側。

1時47分 残り1km 前の2人が話をしている おそらく完走するために少しペース上げようという内容

目測だが3時間57分28秒で完走。

帰るまでがレース

2時~2時20分 着替える 2時35分の出港を逃すと4時になるかもという会話を拾う

2時35分 向田港出港 皆地べたに座り込んで休憩 とにかく無事に帰りたい

3時 三原港到着 

4時すぎ 小谷インターで休憩 

5時半 家に到着 無事に帰れてホッとしたのか少し目が潤む

まとめ

トライアスロンさぎしま2023を写真と時系列で振り返りました。

ゴールした瞬間は達成感も感情も湧かない自分に少し驚きましたが

それほど自分の中のエネルギーを絞り出したレースだったのだと今は考えてます。

課題は色々ありますが、それはおいおい手を付けるとして

おめでとう、自分。ありがとう、皆さん。


 

プロフィール

開業したいドクター向けの動画販売

開業ドクターを支援する士業等向けの動画販売

相続相談

社長向け(税務顧問・セカンドオピニオン)


 

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

公認会計士・税理士。独立開業と子育てに奮闘中。仕事もプライベートも時間効率と付加価値を追求しています。更に詳しくはプロフィールへ。

コメント

コメント一覧 (1件)

目次